相続財産(そうぞくざいさん)

被相続人が遺した相続人に引き継がれて相続される財産のことです。遺産とほぼ同じ意味です。厳密には,故人から見た場合が遺産であり,相続人から見た場合が相続財産だとされています。
民法には,「相続人は,相続開始の時から,被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし,被相続人の一身に専属したものは,この限りではない」と書いてあるので,被相続人の一身に専属するものでない限り,財産に関するいっさいの権利や義務が相続財産になることが分かります。プラスの財産(積極財産)も,マイナスの財産(消極財産)も全部相続財産になります。具体的には,以下のようなものがあげられます。

債権的なもの
・金銭債権など債務一般
・借地権や借家権
・預貯金
・受取人が亡くなった人になっている生命保険
・株式(株主としての地位)
・信用金庫の社員権
・権利能力なき社団の社員権
・株主制又は契約で相続が認められている預託制のゴルフ会員権
・有価証券
・狭義の著作権
・工業所有権(特許,実用新案,意匠,商標)
・形成権(取消権,解除権,債権者取消権,遺留分減殺請求権など)
・契約上の地位

債務
・債務一般

物権
・占有権
・所有権
・用益物権(地上権,永小作権,地役権)
・担保物権(抵当権,質権,留置権,先取特権)
・その他の担保権(仮登記担保,譲渡担保)