相続財産法人(そうぞくざいさんほうじん)

相続人がいるかどうか明らかでない場合における相続財産一式のことです。
ある人が死亡して相続人がいるかどうか分からない場合があります。このような状態のことを,法律上,「相続人不存在」といいます。相続人不存在の状態になると,相続財産は宙ぶらりんになって,非常に困ります。だから,法律は,こういう状態の財産は一式まとめて「相続財産法人」という法人になると決めたのです。法人にすれば,これを管理する役員,つまり財産の管理人を選んで一括管理させることで,財産が宙ぶらりんになることを防げるからです。この管理人のことを,「相続財産管理人」といいます。相続財産管理人には,弁護士や司法書士といった法律専門職が選ばれることが多いです。
相続財産管理人は,引き続き相続人を探すほか,亡くなった人に請求権を持っていた債権者を探して弁済したり,財産を売却処分してお金に代えたりといった財産の管理清算業務をします。業務が終わって財産が残れば,国に引き渡します。