相続資格の喪失(そうぞくしかくのそうしつ)

本来であれば法定相続人として相続人になる地位にある人が,特別の事情のがある場合には,法律上相続人としての地位を失うことがあります。このことを,「相続資格の喪失」とか,「相続権の喪失」とかいいます。相続資格を喪失する事情として民法に書いてあるのは,次の二つです。

・相続欠格
相続欠格とは,相続人が,被相続人や相続順位が優位な人を殺したり殺そうとしたりして処罰された場合や,殺されたのを知って告訴告発したかった場合,それから詐欺脅迫で遺言書を作成させたり,遺言書を偽造変造隠匿したりした場合に,その相続人の相続権を法律上当然に剥奪する制度です。
・相続人廃除
相続人廃除とは,遺留分のある推定相続人(兄弟姉妹以外)が,被相続人に対して虐待や重大な侮辱をし,その他著しい非行があったときに,被相続人が家庭裁判所に申し立てることによって,推定相続人の相続権を剥奪してもらう制度です。被相続人が申し立てたら必ず認められるものではなく,裁判官が相当と認めた場合だけ廃除の決定を出します。なお,被相続人は,遺言でも,相続人の廃除をすることができますが,この場合も,遺言が効力を生じた後,遺言執行者が家庭裁判所に同じ審理を求めることになります。