相続時精算課税(そうぞくじせいさんかぜい)

相続時精算課税とは,二つある贈与税の課税方法のうちの一つの課税方法です。贈与税の課税方法には,「暦年課税」と,「相続時精算課税」があります。
暦年課税は原則的な課税方法です。毎年課税する方法です。毎年1月1日から12月31日までの贈与について,贈与税を計算して,翌年の申告時期に申告して納税します。
対してこの相続時精算課税は,2500万円までの贈与についてはとりあえず非課税にしておいて,遺産相続のときに贈与が無かったものとして戻し計算し,相続税として支払う方法です(2500万円を超える分は一律20%の贈与税がかかります)。
相続時精算課税のいいところは,相続税には基礎控除という相続税がかからない大きな控除枠(3000万円と法定相続人の数×600万円)があるので,贈与税の支払いをペンディングしておけば,相続税としても支払わないでいい人が多いからです。
ちなみに,どうしてこういう制度があるかを簡単に説明します。そもそも贈与税というのは相続税法の中にある仕組みなのですが,相続税だけだと生前贈与で課税逃れがあるので,生前贈与にも課税するべき,というところから始まっています。ただ大方の人は基礎控除に収まる財産しかもっておらず,死ぬまで財産を持っていても結局相続税が課税されないのですから,それなら生前に贈与することも許してあげましょうということです。贈与税はあくまでも相続税の補完税であることからこの仕組みが成り立ちます。