相続時精算課税に係る贈与(そうぞくじせいさんかぜいにかかるぞうよ)

相続時精算課税制度を利用して,贈与税を支払わず(又は大幅に軽減して),生前に推定相続人などに財産を贈与することです。
贈与税には毎年計算して贈与税を納める「暦年課税」と,その時には贈与税を支払わないで,相続の時に財産を戻し計算して,相続税として収める「相続時精算課税」の制度があります。相続時精算課税を利用すると,相続税の計算上は,生前贈与した財産を戻し計算しないといけませんが,相続税には基礎控除という大幅な控除枠があるので,結局相続税も支払わないで済むケースがあくたんあります。
相続時精算課税制度を利用できる枠は,2500万円です。一度に使わなくても,この金額になるまで何回も使えます。この金額を超える贈与には,一律20%の贈与税がかかります。
贈与する人は60歳以上の人で,贈与を受けるのは20歳以上の子供か,孫です。
この制度を利用して不動産の名義を親から子に移す人がたくさんいます。その他,家賃が入ってくる収益物件をこの制度を利用して早めに子や孫に移しておくと,名義変更をした後の家賃はすべて所有者に入ってくるため,これ以上遺産が増えるのを防ぐことができ,相続税の節税対策になります。