相続時精算課税分の贈与税額控除(そうぞくじせいさんかぜいぶんのぞうよぜいがくこうじょ)

相続時精算課税制度を利用して生前贈与をし,2500万円の非課税枠を超えた部分について,一律20%の贈与税を支払ったとします。その後相続が開始して,相続税を支払わないといけない場合に,先に贈与税として支払っていた税金分を,相続税の税額から控除することができる仕組みのことです。
贈与税は相続税の補完税といわれ,相続税法の中にある税です。贈与税法という法律はありません。国としては,相続税で税金を納めて欲しいが,課税逃れの生前贈与をされると税収がなくなるので,贈与税を用意して調整しているのです。
毎年贈与税を計算する暦年課税制度で贈与をしていれば,財産はすでに相続人に移っているので,その財産について相続税がかかることはありませんが,相続時精算課税制度を使って贈与した場合,相続税の時に戻し計算するので,贈与税と相続税を二重払いしてしまう危険があります。だから,贈与税として支払った金額を相続税から控除する仕組みが必要であり,それがこの相続時精算課税分の贈与税額控除です。