相続税申告(そうぞくぜいしんこく)

相続税の金額を計算して国に伝えることです。申告とは,申して告げること,国民が法律上の義務の履行として,国に対してある事実を申し出ることです。相続税法には,こういう財産をこれくらい持っている人は相続税を計算して納めなさいと書いてあるので,それに該当する国民は,自分で金額を計算して国にその事実を伝えるとともに,国に対して税金を納めることになります。こういう税金の仕組みを,申告納税制度といいます。
具体的には次のようにします。

・相続や遺贈によって財産を取得し,その遺産の評価額が相続税の基礎控除額を超える場合,相続の開始があったことを知った日の翌日から10か月以内に,亡くなった人の住所地の税務署に,相続税の申告と税金の納付を行わなければいけません。
・相続や遺贈によって財産を取得したが,その遺産の評価額が相続税の基礎控除額を下回ると考えられるときは,いっさい何もする必要はありません。そのことを税務署に言う必要もありません。ただし,もし計算が間違っていて,申告と納税義務があるのにそれをしていなかった場合は,あとから割増しで税金を支払わなければいけません。だから,財産がある程度あって,遺産の計算が分からない人は,なるべく早めに専門家に相談しましょう。