相続人廃除(そうぞくにんはいじょ)

遺留分の権利を持っている推定相続人(兄弟姉妹が相続人になる場合は遺留分がないので,子,直系尊属そして配偶者のことです)の相続人としての権利(相続権)を,本人の申し立てと家庭裁判所の審判によって剥奪してもらう制度のことです。
あまりに被相続人に対して悪いことをした人に,被相続人の財産を相続させるのは正義に反するからです。
家庭裁判所に対してこの相続人を廃除してくれと請求できるのは次のようなときです。

・被相続人に対して虐待をした
・被相続人に対して重大な侮辱を加えた
・その他相続人に著しい非行があった
なお,相続人の廃除は遺言でもすることができます。遺言で相続人廃除をしたときは,遺言執行者が遺言者の死後に家庭裁判所に請求して,廃除の審判を出してもらいます。