相続分がないことの証明書(そうぞくぶんがないことのしょうめいしょ)

相続人が「自分は相続分を超える生前贈与を受けているので今回の相続に関しては相続分がない」と記載して署名押印した書面のことです。法律的には,ここに記載されてる内容は,法定相続分を修正する理由である「特別受益」があったことを自分で証明するものと解釈できます。よってこの書面は「特別受益証明書」として扱われ,不動産を単独名義に相続登記する際によく使用されていました。
不動産を単独名義にする方法としては,ほかに,相続人全員が参加した遺産分割協議書を作って,これに相続人全員が署名押印して使用する方法があります。こちらが現在主流になっています。
以上の二つの方法は,どちらも「事実上の相続放棄」と呼ばれています。家庭裁判所で正式に相続放棄をしないで,財産を単独の相続人に集めることができるの便利です。ただし,あくまで「事実上の」相続放棄なので,いらないことにできるのはプラスの財産だけです。もし借金などのマイナス財産があれば免れられないことに注意が必要です。