相続分の指定(そうぞくぶんのしてい)

被相続人が遺言で相続人の相続分を決めることです。
相続分とは,相続人の,遺産(相続財産)に対する取り分の割合のことです。子供の相続分は1/2,配偶者の相続分は1/2とかいうのがそれです。一般に相続分といえば,「法定相続分」を想像しますが,法定相続分はいろんな事情によって修正されることがあります。そのうちの一つが,被相続人が遺言で指定して法定相続分を修正する「相続分の指定」です。
なお,法定相続分を修正するケースは次のとおりです。

・相続分の指定
説明したとおりです。
・特別受益者の相続分
相続の前渡しといえるような多額の生前贈与があるときは,もらった人の相続分を差し引き計算します。
・寄与分
遺産が今のとおりあるのは相続人の貢献のおかげだといえるような事実があるときに,その相続人の相続分を増やします。
・相続分の譲渡
相続分は抽象的な権利ですが,取引の対象になります。他人に譲渡することもできるのです。例えば他の相続人の1人に譲渡すると,その相続人の相続分は増えるので,相続分が修正になります。