相続分の譲渡(そうぞくぶんのじょうと)

相続人が,自分の遺産に対する持分である相続分を他の人に譲り渡すことです。他の共同相続人に相続分を譲渡すると,譲り受けた相続人の相続分が増えます。相続人ではない第三者に相続分を譲渡すると,その第三者は今後相続人と同じ立場になって,遺産分けなどに参加することになります。相続分というのは遺産に対する割合であって,抽象的な権利ですが,財産権として譲渡の対象になるのです。
このように,相続分の譲渡は,相続人の相続分を修正する原因になります。この相続分の譲渡など,相続分を修正するケースを以下のとおり整理しておきます。

・相続分の指定
説明したとおりです。
・特別受益者の相続分
相続の前渡しといえるような多額の生前贈与があるときは,もらった人の相続分を差し引き計算します。
・寄与分
遺産が今のとおりあるのは相続人の貢献のおかげだといえるような事実があるときに,その相続人の相続分を増やします。
・相続分の譲渡
相続分は抽象的な権利ですが,取引の対象になります。他人に譲渡することもできるのです。例えば他の相続人の1人に譲渡すると,その相続人の相続分は増えるので,相続分が修正になります。