相続放棄(そうぞうほうき)

相続が開始して,相続人になっている人が,相続を否定して,相続関係から完全に離脱する意思表示や仕組みのことです。相続放棄は,放棄をしようとする人が,「自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内に」しなければいけません。また,相続放棄は,「家庭裁判所に相続放棄申述書という書類を提出して」しなければなりません。自分で放棄したと決めるだけでは駄目です。
相続放棄をすると,完全に相続人ではなくなるので,たとえ相続債務があったとしても,支払いを拒否できます。家庭裁判所からもらった「相続放棄申述受理証明書」を債権者に見せて,支払えないことを伝えましょう。また,相続人ではないので,遺産を処分することも,遺産分けに参加することも当然できません。これをすると,相続を「単純承認」したものとみなされるので注意しましょう。