書面によらない贈与(しょめんによらないぞうよ)

書面のない贈与契約は,履行済みの部分を除いて,両方がいつでも撤回できます。普通,契約は口頭でも成立し,成立すると一方的に撤回はできないのですが,口頭の贈与契約だけは,それができます。書面の贈与契約は,原則どおりです。

・定期贈与
定期的に贈与する契約は,どちらかが死亡すると終了します。
・負担付贈与
もらう方に負担のある贈与は,その部分では双務契約(両方が義務を負う契約)性質があります。
・死因贈与
贈与者の死亡によって効力が生じる贈与(不確定期限付き贈与)は,問題のない範囲で「遺贈」と同じ法律的な取扱いをします。死んだら財産が移転するというところがほぼ同じだからです。ちなみに遺贈とは,遺言によって財産を譲渡することです。