貸宅地(かしたくち)

民法上は,賃貸借契約又は使用貸借契約にもとづいて他人に貸している住宅用の土地のことです。相続税法上は,借地権など(借地権,地上権,区分地上権,区分地上権に準ずる地役権),宅地の上に存する権利の目的となっている宅地のことをいい,自分が使っている自用地とは異なった評価を受けます。つまり,自分で使っている土地ではなく,他人の権利がついていて自分の権利が制限されているので,自分で使っている土地よりも低く評価されるわけです。具体的な評価は,宅地上に存在する権利の種類ごとに計算方法が決まっています。