貸家建付地(かしやたてつけち)

相続税法上,貸家が建っている土地,つまり自分の土地に,自分の所有名義の家屋を建てて,その家屋を建物賃貸借契約により貸し出している場合における,その建物が建っている土地のことです。貸家建付地は,貸宅地と同じように,所有者による土地の利用が制限されていますので,相続税の評価が低めに計算されます。