家庭裁判所調査官(かていさいばんしょちょうさかん)

家庭に関する事件や少年事件を扱う家庭裁判所に置かれる専門職で,国家公務員です。家庭に関する事件や少年事件は,事件の背後にある人間関係や,感情,生活環境などが事件に影響していることから,これらに配慮した解決が求められています。家庭裁判所調査官は,裁判官の指示により,これらに関する事項を調査して,裁判官に報告します。家庭裁判所調査官は,人間諸科学の専門的知見を用いて事件の調査などと行います。家庭裁判所調査官になるには,まず調査官補として採用され,裁判所職員総合研修所で,2年間の研修を受ける必要があります。