家督相続(かとくそうぞく)

昭和22年改正前の旧民法にあった相続の形式で,「家(いえ)」の制度を前提として,家の統率者である「戸主」の地位を承継する身分の相続のことです。旧民法では,戸主が家の財産や身分行為の同意権など,権力をすべて持っていました。家督相続は,戸主の死亡のほか,隠居などの生前相続によっても生じました。相続人の順位も法律に定まっており,常に単独相続といって,1人の者が地位を継いでいく相続でした。現在の民法では,家の制度が廃止されたので,家督相続も廃止され,「遺産相続」という財産の相続のみになりました。