寄与分(きよぶん)

共同相続の場合に,生前にたくさんもらっている人の相続分や,逆に生前に被相続人の財産の維持増加に貢献した人の相続分が,他の相続人の相続分と同じだとしたら公平ではありません。寄与分とは,後者のほう,つまり,被相続人の事業に関する労務の提供又は財産上の給付,被相続人の療養看護その他の方法により被相続人の財産の維持又は増加にについて特別の寄与をした人がいる場合に,その人が寄与した財産の額をいいます。寄与分がある場合の相続分の計算は,相続開始時の遺産の価額からその人の寄与分を控除した額をみなし相続財産として,これに相続分の割合を乗じて各人の相続分を出します。次に,寄与者については,最初に控除した寄与分を加算してあげて,その人の相続分とします