協議分割(きょうぎぶんかつ)

遺産分けのことを法律上遺産分割といいますが,その遺産分割の方法の一つで,共同相続人全員の話合いで遺産分けをすることです。協議分割のことを,遺産分割協議ともいいます。協議分割ができたら,その内容を,遺産分割協議書という書面にして,相続人全員が署名(記名)し実印を押印します。この書類を使って,遺産の名義変更などの相続手続を行います。なお,協議分割ができないときは,家庭裁判所で調停分割をしたり,審判分割をしたりします。ちなみに,被相続人の遺言で遺産分割の方法が指定されているときは,そのとおりしますが,これを指定分割といいます。