共同相続(きょうどうそうぞく)

2人以上が共同して相続人になる相続のことです。戦前の民法は,家督相続といって,1人の相続人がすべてを相続する法律になっていましたが,現在の民法は,法定相続人が複数いる場合は共同相続になります。共同相続になった場合,遺産分けの遺産分割をするまで,遺産の所有権は共同相続人の共有になります。