区分所有権(くぶんしょゆうけん)

マンションのために特別に認められた所有権です。民法は一物一権主義という理屈を採用していて,原則的に,一つの物には,一つの所有権しか認めていません。所有権というのは非常に強い権利で,所有者は,物の使用・収益・処分ができるため,一つの物に複数の所有権を認めると権利関係が複雑になるからです。ただし,一つの物の上に複数の所有権を認める社会的必要性があって,ちゃんと複数の所有権を公示(みんなに分かるように公表すること)できる場合には,例外を認めています。マンションは,一つの大きな建物のほかに,一部屋一部屋の所有権を認める社会的必要性があるので,区分所有法という特別の法律が作られており,建物と敷地との関係も含めて細かく権利関係が定められています。