区分地上権(くぶんちじょうけん)

地下の一定の範囲や,地上空間の一定の範囲を決めて,土地の工作物を所有するために設定することができる地上権のことです。地上権とは,工作物等を所有することを目的として,土地を利用するために設定される土地に対する権利です。土地の利用が高度化してくると,地下や地上空間も利用の対象となってきますが,土地自体に地上権や賃借権を設定すると,土地全体の利用権となるので,他の利用権との関係が複雑になります。このことから,民法には,地下や空間の一定の範囲を定めて権利を設定することができる仕組みが用意されています。