契印(けいいん)

一つの文書が数ページになるときに,各ページの継ぎ目に印鑑を押して,その文書が一連一体のものであることを証明しますが,このとき押される印のことを契印といいます。ホッチキスでとめてある文書のときは各ページの継ぎ目に,製本してあるときは裏表紙(場合によっては表も)の製本テープと文書の継ぎ目に,それぞれまたがるように押します。なお,ほかに「割印」という言葉がありますが,これは,二つの文書について,それぞれの文書が関連しているとか,内容が同じだとかいうことを証明するために押される印鑑です。例えば契約書を当事者分の2通作って,契約書の表紙をずらして割印すると,同じ機会に,同じ内容で契約書を作ったことを証明できます。