形式的競売(換価のための競売)(けいしきてきけいばい(かんかのためのけいばい))

本来民事執行法による競売とは,債務者の所有財産をお金に代えてそこから強制的に債権の回収をする手続で,債権者が担保を持っていない場合の強制競売と,担保を持っている場合の担保権実行の手続に分けられます。「形式的競売(競売)」とは,文字通り,形式的には民事執行法による競売の手続を使って財産を換金するけれども,本来の目的はそうでない手続のことをいいます。例えば,遺産分けの遺産分割において,遺産が現物として分けられないもののときには,遺産をお金に代えて代金を分ける手続をしますが,この遺産の換価手続も形式的競売です。共有物の代金分割も形式的競売によります。