継続的見守契約(けいぞくてきみまもりけいやく)

高齢者などの委任者として,受任者が,定期的に委任者に電話したり面談したりすることにより,委任者の生活状況や判断能力の状況を見守ることを内容とする委任者と受任者との契約のことです。一般的には,公正証書によって任意後見契約を締結するときに,一緒にこの契約も締結します。というのも,任意後見契約は直ちに効力が発生せず,委任者の判断能力が低下したときに,効力を発生させる手続をとる必要がある契約ですが,継続的に委任者の判断能力をチェックしていないと,効力を発生させる時期を判断できないからです。任意後見契約を締結しなくても,遺言書を作成して司法書士等の第三者がが遺言執行者になるような場合は,同時にこの契約を締結して,遺言者の状況を定期的にチェックすることもあります。