契約上の地位(けいやくじょうのちい)

契約をすると相手方に対していろいろな請求権(債権)が発生するとともに義務(債務)もまた生じますが,「契約上の地位」とは,それらを発生させるもとになる契約上の立場のことです。売買契約であれば,買主の地位,売主の地位のことです。買主は,売主に対して,売買した物を引き渡してくれと請求できますし,不動産であれば登記をしてくれと請求することもできます。その代わり,代金を約束どおり支払う義務を負います。売主はその逆の権利義務を持っています。これら買主や売主がそれぞれ持っている権利や義務の総体のことを,契約上の地位といいます。契約上の地位も,財産上の権利として,相続の対象になります。