限定承認(げんていしょうにん)

遺産がプラスかマイナスが分からないときに,相続した積極財産の範囲内で,消極財産を負担する相続の承認手続のことです。もう少し正確にいうと,「相続によって得た財産の限度においてのみ被相続人の債務及び遺贈を弁済すべきことを留保して」する相続の承認のことです。被相続人が亡くなって相続が開始すると,法定相続人は,まず3か月以内に,相続を承認するのか放棄するのか決めなければいけません。相続を承認するのか放棄するのかというのは,そもそもその相続に関して,「相続人になるのかならないのか」という根本的なことを自分で決めることです。すべて認めて引き継ぐのを「承認」といい,すべて拒否して相続関係から離れるのを「放棄」といいます。その中間で,一応承認するけど,財産の限度でしか債務などは払わないよという責任を限定した承認が,「限定承認」です。例えば,思い出のある家は相続したいけど,借金がたくさんあるのが分かっているような場合に,限定承認をすれば,家の価値の限度で借金を支払うことができます。