現物分割(げんぶつぶんかつ)

相続人が複数いる場合に行われる遺産分けの遺産分割のやり方(態様)の一つで,まさに文字通り,遺産である物を複数の相続人で分割して相続することです。例えば不動産である土地を,二つに分筆して二つの土地とし,それぞれ別の相続人が相続するようなケースがこれにあたります。一つの土地を複数の相続人が共有(割合的に)で相続することも,現物分割に含まれるといえます(これを特に「共有とする分割」と呼ぶこともあります)。なお,遺産の性質が現物分割に適さないときは,遺産を売却して代金を分ける換価分割や,ある遺産を特定の相続人が相続して代わりに代償金を支払う代償分割といったやり方で遺産分けをします。