原本・副本・謄本・正本・抄本(げんぽん・ふくほん・とうほん・せいほん・しょうほん)

「原本」とは、ある事実関係などを表示するために確定的に作られた原典となる文書のことです。原本には、通常、一定の法的効力が付与され、当事者の署名押印がされます。原本を複数作成して、送達に用いるものを、「副本」といいます。
「謄本」とは、原本の内容を一言一句全部写して、原本に記載されている事項の内容全部を証明するために作成される文書です。
「正本」とは、謄本の一つの種類・形式であり、特に権限あるものが原本にもとづいて作成し、原本と全く同一の法的効力があるものとして用いられる文書です。原本は通常一箇所に保存して動かさないので、原本の持っている法的効力を別の場所で発揮させたい場合には正本を作成することになります。
「抄本」とは、原本の内容の一部を写して、その一部の事実内容を証明するために作成される文書です。