権利証(けんりしょう)

旧不動産登記法にいう「権利に関する登記済証」のうち、とくに「所有権」に関するもののこをを指してこう呼ばれていました。旧不動産登記法では、登記を申請するには、登記申請をするもとになった当事者間の権利変動の内容が記載された登記原因証書等を法務局に提出しました。そして登記が完了すると、これに法務局の受付印が押されて戻ってきました。これを登記済証といい、特に所有権の登記(所有権の移転や保存)の登記済証を「権利証(又は権利証)」と呼んだのです。権利書、権利証は、二度とは発行されず、次に登記を申請するときに必要となるため、大切に扱われました。先の不動産登記法の改正によって、登記はコンピュータシステムを利用して処理されるようになったので、今後従来の権利書は発行されないで、物件ごと、権利者ごとに発行される「登記識別情報」がこれに変わることになりました。「登記識別情報」とは、書面ではなく「情報」であり、12桁の英数字のパスワードのことです(現実にはその情報が書面に印刷されて法務局から権利者に交付されます)。