公示価格(こうじかかく)

国土交通省(土地鑑定委員会)が地価公示法という法律にもとづいて毎年1月1日現在の全国の標準地の価格を査定した価格のことです。不動産の公的価格の一つで、公共事業用地の取得価格算定の基準となるほか、一般の取引の参考にしたり、また国が考える望ましい地価を作り出すために使われています。これに似たものに、都道府県が国土利用計画法にもとづいて7月1日現在の基準地の価格お査定する「基準価格」というものもあります。その他不動産の公的価格には、相続税や贈与税の課税価格算定のために国税庁が定める「路線価」や、固定資産税の課税価格算定のために市町村が定める「固定資産税評価額」があります。