公正証書遺言(こうせいしょうしょいごん)

民法に定められた普通方式の遺言で、遺言者が口で話した内容にもとづいて公証人が作成する遺言の方式です。「遺言公正証書」ともいいます。「公正証書遺言」をするには、事前に公証人役場で公証人と打ち合わせをし、必要な書類を公証人に提出して準備をしてもらいます。準備ができたら、遺言者と証人2名が公証人役場に出向いて、公証人に遺言内容を話し、準備しておいた書面を公証人が仕上げて、関係人がこれに署名押印します。公正証書遺言は法律家である公証人が作成するので、遺言者が亡くなった後、家庭裁判所で遺言書検認(形式をチェックして記録すること)の手続をする必要がありません。よって、素早く遺言書の執行(遺言書に書かれた内容の実現)ができます。