更正の請求(こうせいのせいきゅう)

相続税や贈与税などの国税の申告をしたが税額などが過大(税金を納め過ぎた)であったときに、間違いを訂正して減額してもらう手続きです。ケースに応じて、請求できる期間が決められていて、その期間内に、更正の請求の理由の基礎となる事実を証明する書類等(要するに証拠書類)を添付して行います。