戸主(こしゅ)

明治31年から昭和22年までの民法で定められていた身分上の地位です。この旧民法の家族制度は、「家」を中心に考えられており、家の全権を握って統率する人として、家には1名の「戸主」がおかれました。家制度は、戸籍に記載された戸主と、戸主の率いる家族からなっており、江戸時代における武家社会の家父長制の家族制度をもとに作られていました。戸主は、家の全財産を管理し、家族を扶養し、結婚の同意や居場所の指定をし、また先祖を祀るというように、家に関する権利義務を一身に負っていました。戸主が亡くなったり、隠居したりすると、家督相続という身分相続が開始して、次の戸主に権利義務の一切が引き継がれました。