戸籍(こせき)

人の法律的な身分関係を登録して管理し公証する国の制度です。日本では、人の出生から死亡に至るまでの重要な身分関係の変遷が戸籍に記載されることになっています。戸籍法に詳しいことが定められています。戸籍には「本籍」が記載されていて、本籍地の市町村役場で管理される仕組みです。戸籍は、「市町村に本籍のある夫婦及びこれと氏を同じくする子供」の単位で作られます。夫婦同一戸籍の原則、親子同一戸籍の原則、同一戸籍同一氏の原則といったルールが適用されます。なお、日本のような戸籍制度(土地との結びつきや家族との関係を重視)を採用しているのは、現在では日本と中国だけです。ヨーロッパ諸国はもともと個人登録の制度を採用しています。もっとも、社会保障制度を充実させるため家族関係を行政が把握する必要から、近年家族登録制度に移行する流れがあります。