戸籍法(こせきほう)

人の法律的な身分関係を公証するための制度である戸籍について定めている法律です。日本では、人の出生から死亡までの間に生じる重要な身分関係の変動が戸籍に記載され、国によって管理され、記載事項を証明できるようになっています。戸籍法には、誰が戸籍簿を管理するか、戸籍簿の作り方と記載内容、婚姻や養子縁組、出生等々といった戸籍の各種届出のほか、戸籍の訂正方法や、不服申立てのやり方など、一通りのことが戸籍法に書いてあります。もっとも、戸籍法の条文だけでは十分戸籍事務の取扱いができないので、過去に出された戸籍先例が重要な役割を果たしています。