固定資産税評価額(こていしさんぜいひょうかがく)

市町村は、毎年1月1日現在の土地建物の所有者に固定資産税を課税しますが、市町村が固定資産税を課税するための価格として、この固定資産税評価額が定められます。固定資産税評価額は、国が用意した固定資産評価基準にもとづいて、公示価格の七割を基準に、市町村によって決められることになっています。3年に一回評価替えをして評価額を決め直します。固定資産評価額を調べるには、市町村の税務課で、固定資産課税台帳の閲覧をします。固定資産評価証明書という証明書を取得することもできます。なお、固定資産税評価額は、不動産の公的価格の一つです。不動産の公的価格には、国土交通省が定める「公示価格」、都道府県が定める「基準価格」、相続税や贈与税の課税価格算定のために国税庁が定める「路線価」、そしてこの「固定資産評価額」があります。