婚姻準正(こんいんじゅんせい)

父に認知されている非嫡出子が、両親の婚姻によって、婚姻の時から、嫡出子の身分を取得することです。嫡出子とは、「両親の婚姻に「よって」生まれた子」のことです。そうでない子を非嫡出子といいます。「準正」とは、非嫡出子が、生まれてから事後的に、嫡出子の身分を取得することをいいます。準正には、もう一つ、「認知準正」と呼ばれるものがあります。認知準正とは、父母の婚姻後に子供が父に認知されることにより、認知の時から、非嫡出子が嫡出子の身分を取得することです。