家(いえ)

一つの戸籍に登録されている親族の団体のことです。昭和22年に民法が改正され、戦後民法ができるまでは、この家というものが重要視されていました。家にはその統率者・管理者として戸主がいて、家の財産管理権とともに、結婚などの同意権や居場所の指定権といった絶大な権力をもっていました。戸主が亡くなると、戸主の地位は、家督相続という制度によって承継され、家が継続していきました。