遺言(いごん)

遺言とは、遺言者の死亡によって一定の法律効果を生じる人の最終の意思表示です。法律的には、「相手方のない単独行為」という法律行為に分類されます。遺言は、遺言能力のある人が、一定の方式にしたがってしなければ効力が認められない要式行為です。また、遺言をして法的効力が認められる内容(財産の処分や一定の身分行為)は法律によって限定されており、これを遺言事項といいます。