遺言事項(いごんじこう)

遺言書に書いておくと法的効力が認められる事柄のことです。民法に定められています。遺言事項以外の事柄には法的効力が認められません(遺訓としての効果は別として)。遺言事項を分類すると次のとおりになります。

1 法定相続の修正
相続人の廃除と取消し、相続分の指定、遺産分割方法の指定、遺産分割禁止など
2 相続以外の財産処分
遺贈、財団法人の寄附行為、信託設定など
3 身分関係
認知、未成年後見人指定など
4 遺言執行関係
遺言執行者指定など