遺言相続(いごんそうぞく)

遺言によって行われる相続のことです。法定相続ではない相続です。民法は、遺言相続を法定相続に優先させています。例えば、遺言書で、「遺産をある相続人に相続させると」決めれば、基本的にはそのとおりに相続されます。民法は、故人の意思を一番に大切にしているのです。遺言書がない場合の相続が、補充的に、法律に書いてあると考えるとよいでしょう。