遺言の執行(いごんのしっこう)

遺言書に書いてある内容を、具体的に実現することです。遺言の執行を担当する人のことを遺言執行者といいます。例えば、遺言で認知をすることができますが、この場合戸籍の届出をするという執行行為が必要です。遺言で相続人廃除がされていれば、家庭裁判所に申立をして、廃除の審判を得る手続きが必要です。遺産の遺贈があれば、その遺産を受遺者に引き渡す行為も必要です。このような行為のことを、遺言の執行といいます。なお遺言の執行者は遺言書で指定することができます。いなければ、家庭裁判所が選びます。