遺産共有(いさんきょうゆう)

ある人が亡くなって、相続が開始し、遺産分けの遺産分割が終わるまでの間の、共同相続人の遺産の共有状態のことです。遺産共有は、あとから遺産分割をするまでの過渡的な状態ですから、各相続人の持ち分の処分などについて、遺産相続とは関係ない通常の共有状態と同じく取り扱っていいかどうかが問題になります。遺産が「物(ぶつ)」なのか、「債権」なのか(債権としてもどんな債権なのか)、「債務」なのかによっていろんな検討が必要です。