遺産相続(いさんそうぞく)

現在日本で行われている相続はすべて遺産相続です。民法にも、「相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する」を書かれているとおりです。つまり、相続とは、遺産(財産)面だけの相続なのです。これに対するのが、「家督相続」です。家督相続とは、「家」の相続であって、家の統率者である「戸主」の地位の相続です。家督相続は、財産(家産)の相続もすべて含まれる、総合的な地位(家)の承継ですが、昭和22年の戦後民法によって家制度が廃止されたので家督相続もなくなりました。