遺産分割協議書(いさんぶんかつきょうぎしょ)

相続人が複数いる共同相続の場合には,遺産分けのために遺産分割協議という話合いをしますが,その結果を記録した文書が遺産分割協議書です。相続人が1人のときは遺産分割協議書は不要です。遺産分割協議書は,不動産の相続登記や預貯金の相続手続をするときに,法務局や金融機関から提出を求められますので,必ず作成しなければいけません。遺産分割協議書には,相続人全員が署名(記名)して,実印を押印し,印鑑証明書とセットにしておきます。