遺産分割審判(いさんぶんかつしんぱん)

遺産分割審判とは,遺産分割の内容を決める家庭裁判所の裁判のことです。共同相続人で遺産分けの遺産分割協議をしたが話合いがまとまらなかった場合,家庭裁判所が遺産分けの内容を決めてくれます。審判というのは,裁判官が決めてくれるという意味です。遺産分割審判を利用するには,家庭裁判所に申立書を提出して,請求します。遺産分割協議による遺産分けをする場合,相続人が納得すれば,法定相続分のとおりに分けなくてもかまいませんが,遺産分割審判による遺産分けは,法律で決められた相続分のとおりになります。なお,通常は,遺産分割審判をする前に,遺産分割調停とう裁判所での話し合いをします。これがまとまれば,審判をする必要はありません。