遺産分割調停(いさんぶんかつちょうてい)

遺産分けの遺産分割協議の話合いがまとまらない場合に,家庭裁判所でする遺産分割の話合いのことです。共同相続人で遺産分けの遺産分割協議をしたが話合いがまとまらなかった場合に,そのままでは相続手続が前に進まないので,家庭裁判所に話を持っていきます。家庭裁判所では,遺産分けについて,遺産分割審判と遺産分割調停という手続が利用できます。遺産分割審判とは裁判所が決めてくれる裁判のこと。遺産分割調停とは裁判所でする相続人の話合いのことです。通常,遺産分割調停を先にします。遺産分割調停は,調停委員が仲介して話合いをします。話がまとまれば,調停調書という文書を作って,遺産分けの内容を確定させます。