遺産分割方法の指定(いさんぶんかつほうほうのしてい)

被相続人が,遺言で,遺産分割の内容を決めることです。例えば,遺言書に,「Aには不動産を,Bには預貯金を,Cには株式を,それぞれ相続させる」と書いてある場合,これは遺産分割の方法の指定があったものと解釈されます。この方法による遺産分割を,「指定分割」といい,共同相続人で遺産分割協議をするのと法律的には同じ意味になります。遺産分割方法の指定がった場合,それぞれの遺産は,最初からそのとおり相続したことになります。なお,遺言書に,「Aに2/3,Bに1/3を相続させる」と書いてある場合は,遺産分割方法の指定ではなく,相続分の指定と解釈されますので,AとBは,この相続分にもとづいて遺産分割協議などをする必要があります。