一般定期借地権(いっぱんていきしゃくちけん)

借地借家法が適用される借地契約(建物の所有を目的とする地上権又は土地の賃借権)のうち,存続期間を50年以上として契約されるもののことです。「一般定期借地契約では,契約の更新,建物の築造による存続期間の延長,建物買取請求権という各権利がないとの特約を付けることができます。借地契約は賃借人の保護が強く,普通の借地契約は期間が満了しても正当理由がなければ契約を終了させることができません(更新される)。しかしすべての借地契約がそのようになると,土地の所有者が土地を貸せなくなって,貸す人にも借りる人も困ることになるので,定期で契約を終了できるパターンが三つ借地借家法に定められています。そのうちの一つがこの一般定期借地権です。